記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お小遣い運用方】夕方からのジャグラー立ち回り


こんばんわ。
生粋の博打打ち、DKパパです。


今日は夕方からジャグラーで勝負する為の立ち回りについて少し、書きましょう。


すでに立ち回りに成功している人、勝てなくても楽しめたら良いって人はスルーしてくださいまし~


あくまで小遣いをジャグラーで増やそうとする甘い考えを持つ俺が真剣に考えた立ち回りです。笑




1.勝負するホール選び
2.自分の条件、ルールを決める
3.やめる勇気



3つほど上げましたが、まず1番目は勝負するホール選び。


実はこれが最も重要な事。

普段打ってるホールに高設定が使われているか。
って事です。


別に、打ち手のヒキさえ良ければわざわざ高設定を探して打つ必要は無いんですよ。それがヒキ続ける事ができるのであれば。


しかし、確率で管理されてるパチ、スロでヒキ続けるって事がどんだけ難しいかって事は打ってる人が一番分かってるはず。



設定1と6でどっちを打ちたいですか??
って質問をしているようなもんですね。笑


だから、夕方に行ったのに0回転で稼働無しの台があるようなホールや家が近いからって理由で勝ち続けようとしてる人は絶対無理です。




イベント規制がかかる前みたいに札がささったり設定公開が無くなった今、本当に高設定だったか確認する事は不可能になりましたが、ジャグラーなどAタイプの機種はデータ履歴を閉店前に少し見に行くだけでそこのホールが高設定を使っているかはある程度、確認できるはずです。


1回見に行っただけでは判断は難しいので下見期間は長ければ長いほど良いです。間違いなく。







では次に2番目、自分の条件、ルールを決める。


これは人によって変わってくる要素ですよね。

例えば、ジャグラーのセオリー通りで行けばREG確率ですよね。



じゃあ、



REG確率の良い台を狙う。



‥‥しかし、これだけでは大まか過ぎやから



2000~3000回転は稼働が有り、REG確率の良い台を狙う。



これだけである程度絞れてきた感じがしませんか??


これは自分が結果を残せる範囲で妥協点を見つけると良いと思います。REG確率がいくら良くてもBIG引けなかったら勝てないんで。笑


ちなみに、DKパパもREG確率には着目していますが、そこだけで判断はしていないです。




そしてその台を

いくらまで打つか。

+域になった時点でやめる。



などルールを決めましょう。基本的に高設定を掴んだ時点で期待値を追う人なら閉店まで打つのが基本です。が、


家庭があり、遅くまでパチ屋にいれないお父さんは閉店まで打てない人も多いんですよね。泣


人によって環境などは変わってくるので自分なりの条件、ルールを決めましょう。





最後に3番目、やめる勇気



これは欲深いDKパパが一番苦労する事です( ͡° ͜ʖ ͡°)


まず、2番目に決めた条件に合う台が見つからないとしましょう。


どうします??笑


空き台ができるまで自分が決めた条件ではない台を打って空き台ができるまで待ちますか??



答えはNOです。
だってそれで負債してしまったらせっかく条件に合う台が出てきても勝てなくなってしまうから。


そんな時は待つか、違うホールに行くか、帰るかですよね。

でもパチ屋にきたのに打たないで帰るなんて無理~って人も多いでしょう。

ここで1番目に書いたホールが多ければ多いほど良いって事がわかりますよね。
我らがジャグラーにも記載してますが、DKパパは1番目には苦労していません。



それでも無い場合は諦めて帰りましょう。
これもやめる勇気です。



それと、DKパパの実体験からもう一つ言いたい事があります。



ある日、夕方から打ちに行き自分の条件の台を、

見つけ稼働に入りました。
しかし、なかなか光らず、初BIGを引いた時にはすでに1万溶けていました。

そこから出たり流れたりの繰り返し状態が続いていたんですが、運良くBIGが2連しました。


「よしっ!これだ+域だ!」

って事でやめようとしたんですが、ここで欲深さを発揮します。


「100Gまでに光るんじゃないか?」


これってあるあるじゃないですか?笑


この時点でBIG後即ヤメで、+2千円ぐらい。


「たったの2千円か‥‥( ͡° ͜ʖ ͡°)」




はい。もうおわかりのようにこのあと打ち続けてやめるにやめれなくなり結局、-2万までいきました。

感情的になり持ちコインが無くなったあとはGODに座ってました。笑


負けて帰った後は

「たったの2千円か」→「2千円も勝ってた」に‥‥


に変わっていました。


つまりやめる勇気とは自分の欲を抑えて、打たない勇気です。これを続ける事が出来る人だけが夕方ジャグラーで勝ち続けていけると思います。


まぁ、今日書いた話はジャグラーだけでなく言い換えればいろいろな物事に当てはまりますけどね。笑



誰かの参考になれば良いね(^^)
ではまた。











ジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリ‥‥( ͡° ͜ʖ ͡°)( ͡° ͜ʖ ͡°)

いらっしゃいませー、いらっしゃいませー
( ͡° ͜ʖ ͡°)( ͡° ͜ʖ ͡°)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DK.papa

Author:DK.papa
DKパパ

中小企業に勤める平成生まれの20代。
10代の頃からギャンブルに手を出し一時、本気でパチプロを目指すも続かずサラリーマンとして日々を過ごす。
会社内でも中堅的な立場にあり、今まさに自分の将来について考えさせられている。

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。